女の人

【子供に笑顔を】保育士として復職するときの必須スキルとは

先生と生徒

子供と接する仕事

大学生が学業と両立しやすいバイトと言えば家庭教師です。家庭教師は一度の授業で二時間ほどの勤務で済みます。大阪で複数の家庭け持ちして教えたい方であれば、派遣会社に登録しましょう。逆に個人で探した場合、自分で授業のカリキュラムを組みやすいでしょう。

女の人

大学生のアルバイト

時給の高さと夕方からの勤務や夏休み中の勤務といった働きやすい時間帯を理由に、塾アルバイトは大学生に人気があります。また塾アルバイトの経験は、コミュニケーション力やプレゼン力の向上にもつながる魅力があります。

体力と笑顔が重要

保育士

必要なスキルとは

一度保育士になったものの、激務薄給の状態に嫌気がさしたり、人間関係に疲れてしまったりして、他業種に転職する人は少なくありません。また、結婚、出産、育児といったライフイベントで現場を離れる人も多くいます。確かに保育士はハードな仕事ですが、その分やりがいもあります。また、子どもたちと接する中でパワーをもらえるという側面もあり、魅力も多い仕事です。そのため、一度離れたものの復職を考えるという人も多くいます。復職する際に必要なスキルは体力と笑顔です。復職したばかりの保育士は、新人とほぼ同様に見られているので、そこまでスキルは求められていません。働いていく中で徐々に勘を取り戻していくのがふつうです。保育士は慢性的に人手不足のため、スキルの有無はそこまで気にしなくてもよいのです。まずは笑顔を忘れないことを心がけましょう。それと、一度仕事をしたことがあるとはいえ、ブランクがあることを忘れず、アドバイスを謙虚にきく姿勢も重要です。体力に不安がある場合は、まずは非常勤やパートで働くようにしたり、乳児クラスの担当に回してもらうのがおすすめです。乳児クラスならば多くの担当保育士が存在するためアドバイスが聞きやすいですし、行動範囲も狭いためです。非常勤やパートとしての復職だと、給料面ではかなり低くなってしまいますが、勘が取り戻せたら常勤に戻せばよいのです。最初から無理をすると続かないので、最初は少しずつ進めていくのがおすすめです。

先生と生徒

生徒とともに成長できます

家庭教師というアルバイトは、時給が高いだけではなく、生徒とともに目標達成に向かって努力することで、達成感や感動を得られる、とても魅力のある職種です。京都には大学も多く、地元の大学に行きたい生徒も多いので、自分自身の受験経験を生かすことが出来ます。